2012年07月30日

茶室の風炉先窓(ふろさきまど)

風炉先窓(ふろさきまど)

点前座の向こう(風炉先)の壁面に設けた窓。
点前座の採光、炉先の換気も兼ねている。

風炉先窓1.jpg


小間と広間では少々位置が異なる。

小間では畳から6〜7寸の高さ、内法1.5尺に下地窓を開け、内側の障子を半開きになるように設ける。

広間で、風炉先屏風を使うときは2尺程度の高さに窓を設ける。
外部は力竹と呼ばれる添え材を使う。

力竹.jpg


風炉先とは
点前のときに道具を置く道具畳の向こうに立てる二枚折りの屏風。

風炉先.jpg


風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)は広間の点前のときに道具畳の向こう側に立てる二枚折りの屏風。

風炉先屏風1j.jpeg

スポンサーリンク

posted by moccu at 06:11 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

七三の窓(しちさんのまど)

七三の窓(しちさんのまど)

七三の窓1.jpg


下地窓であることにはかわりはない。

障子を全開せずに途中で止めたようにも見える。

しかし、その名の通り意図的に七三の割合を保った窓である。

全開時に七分を開放、三分は障子でさえぎるように施されたもの。

裏千家の今日庵にて確認出来る。

スポンサーリンク

posted by moccu at 07:13 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

獅子垣窓(ししがきまど)

獅子垣窓(ししがきまど)
吹抜窓を装飾的にしたもの。
壁止の横竹を入れ、方立を立て中央は通し、左右に
長短に晒竹を立て、横桟を貫がわりに入れたもの。

獅子垣窓.jpg


※晒竹(さらしだけ)とはマダケを煮沸し太陽光線に晒して 乾燥後、竹の曲がりを矯正したもの。

さらし竹.jpg



獅子垣窓は京都の寒雲亭(かんうんてい)に使用されている。(拝観は出来ないそうです)。

今日庵平面.jpg


寒雲亭は侘び本位の今日庵・又隠とは異なり書院造りが特色。
八畳に一間の本床・一畳の控えと付書院があり、宗旦の好みで造られたもの。


北鎌倉の東慶寺の茶室・(寒雲亭)は、京都の裏千家にあったものを明治に移築された。

東慶寺の茶室(寒雲亭).jpg

スポンサーリンク

posted by moccu at 06:38 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

織部窓(おりべまど)

茶室巡り

織部窓(おりべまど)

墨蹟窓=床窓=花明窓(はなあかりまど)=掛け物窓など総称は織部窓。

床の間の脇壁に開けられた下地窓。

古田織部が考案とされる。

古田織部窓.JPG


茶室の窓は、室内の採光のみならず壁面の意匠も兼ね備えている。

最初は、茶道の座敷は北向きという日本人の心得があったようです。

窓の外には、小障子(こそうじ又はこしょうじ)を掛けるのが一般的。

スポンサーリンク

posted by moccu at 06:53 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

吉野窓

大丸窓(おおまるまど)
吉野窓とも言われる。
約直径1メートル以上の円形窓。

下記の茶室などに見られる窓である。

どれも、季節に応じて顔を変え美しい。
歴史好きな人でなくとも見ごたえたっぷりな名所である。

■世界遺産の醍醐寺三宝院松月亭。
■當麻寺(当麻寺、たいまでら)中之坊。

■高台寺(こうだいじ)遺芳庵 。
方丈・書院の背後にある田舎屋風の茶室で、近世初期の茶人・灰屋紹益が夫人の吉野太夫をしのんで建てたものという。一畳台目の小規模な茶席で、炉は逆勝手向切りとする。

高台寺遺芳庵吉野窓2.JPG


高台寺遺芳庵吉野窓1.JPG

スポンサーリンク

posted by moccu at 07:00 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

大下地窓(おおしたじまど)

大下地窓(おおしたじまど)

下地窓とほとんど同じですが、触れておきます。

特徴は一面に一箇所付けられ、高さと幅が三尺(約90cm)以上のものを指す。

下記の茶室で使われている。

咄々斎(とつとつさい)裏千家
賞花亭(しょうかてい) 桂離宮

賞花亭(しょうかてい) 桂離宮大下地窓.jpg

スポンサーリンク

posted by moccu at 07:16 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

猪の目窓(いのめまど)

猪の目窓(いのめまど)

猪の目窓.jpeg


猪の目に似ていることが名の由来だそうです。

京都の松花堂(しょうかどう)で拝見できるそうです。

松花堂.JPG

スポンサーリンク

posted by moccu at 06:34 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

連子窓(れんじまど)

連子窓(れんじまど)

連子を取り付けた窓。

連子(れんじ)とは窓や,戸などの開口部に棒状の木または竹を縦または横に並べたもの。
連子を構成する材を連子子(れんじこ)という。

連子窓.jpg


連子子の間隔は従来は広く隙間が開いていた。
しかし、時代が経つことに狭くなっていったという。

そして、隙間が無くなった物を盲連子(めくられんじ)といわれる。

※連子窓に関しては歴史が古く形状の変化。
(注)格子とは区別される。

竹連子窓
竹連子窓1.jpg


有楽窓(うらくまど)
細い竹を隙間なく並べた窓。

有楽窓1.jpg


織田有楽の茶室にみられる。
竹を外から打ち内部に一本の紙障子を引く。

如庵で見ることが出来る。

如庵1.jpeg

スポンサーリンク

posted by moccu at 11:44 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

茶室の楊子柱(ようじばしら)

楊子柱(ようじばしら)

筆先柱=塗込み柱=筆軸柱=塗立柱ときに柳柱ともいう。

一般的には、隅柱の上から約1.5尺程度の長さを残し下部は塗り壁。

天井高さにより異なるが、柱の1/4程度の長さが妥当。

楊子柱.jpg


楊子柱.JPG




※柳釘を打つ場合は、5.4尺程のところに打つ。
この高さも天井の高さにより多少変わってくる。

スポンサーリンク

posted by moccu at 07:00 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

面皮柱(めんかわばしら)

面皮柱(めんかわばしら)

柱の四面の角をを残しチョウナ等で削り木目を残す。
材種は杉
またはヒノキの磨き丸太が用いられる。
背割りは、当然隠れる面に入れる。

面皮柱.jpg 

面皮柱(めんかわばしら).jpg 

面皮柱01.jpg


面皮という技法、魅せ方は柱のみでなく垂木、棹縁などにも使用される。

スポンサーリンク

posted by moccu at 07:01 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする