2012年08月19日

板唐戸(いたからど) 端喰(はしばみ)

板唐戸(いたからど)
一〜二枚以上の板を合わせた吊戸(開き)軸吊
hasibami.jpg

端喰(はしばみ)を上下に入れる
端食み(はしばみ)とは
※板の木口に取り付ける幅の狭い木。
木口を隠し、反りや合わせ目のはがれを防ぐためのもの。
posted by moccu at 08:25| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

半蔀(はじとみ)

蔀(しとみ) とは
蔀1.jpg


格子を細かく組み、間に板をはさんだ戸。
日光・風雨をさえぎるための機能的な戸。
水平にはね上げて開き、L 字形の釣り金物で固定する。

半蔀(はじとみ).JPG




二枚に、折れるものは、半蔀(はじとみ)という。
二枚に分けた上部を開閉式にして、下部を立て込む。

半蔀1.jpg

茶室においては、『揚げ簀戸』を半蔀(はじとみ)ともいう。
posted by moccu at 06:28| Comment(0) | 復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

太鼓張り襖(たいこばりふすま)

太鼓張り襖(たいこばりふすま)

骨組みの両面に紙や板を張って中を空洞としたもの。
框(かまち)や引手をつけないのが特徴。

katouguchi.JPG

シンプルで、茶室の建具に合っている。

坊主襖、太鼓張り障子、袋障子とも言われる。

引手をつけない代わりに、空洞部一コマを凹にして『切り引手』にする。

太鼓張り襖1.JPG


それゆえ必然的に、表裏の切引き手は同じ高さにならない。
posted by moccu at 06:09| Comment(0) | 復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。