2012年10月30日

蛍灯籠(ほたるどうろう)

蛍灯籠(ほたるどうろう)

竿が太い灯籠
中台からから上が方形で前と後ろに四角の火口がある。
火口は三角の形が二つになっていてるのが特徴。
これは、足元を照らす意の為、足元灯籠とも言われている。
代表例は、桂離宮。

蛍灯籠2jpg.jpg


蛍灯籠1.jpg
posted by moccu at 07:06| Comment(0) | 復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

遠州が好んだとされる灯籠

遠州形灯籠(えんしゅうがたどうろう)

遠州形灯籠.jpeg

その名のとおり遠州が好んだとされる。

ユニークともいえる形で、宝珠(てっぺん)が長いのが特徴。

六角形の中台、火袋は方形三日月形火口(画像はイメージなので三日月ではありませんが)。

竿に竹の節のようなものが付いている。
posted by moccu at 06:55| Comment(0) | 復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

有楽の好きな形といわれる灯籠

有楽形灯籠(うらくがたどうろう)

有楽形灯籠.jpg


有楽の好きな形といわれる灯籠。
形は天辺から足元まで丸みをおびている。
本来は、火口も丸。
宝珠は無い。
posted by moccu at 07:19| Comment(0) | 復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。