2009年08月31日

瓦葺き

あまりにも無知な自分に気づいた。
瓦葺きって、一般的に和風の住宅に見かけるアレ?
と思っていました。

しかし・・・

瓦葺は大きく別けると、本瓦葺き(ひんがわらぶき)と桟瓦葺(さんがわらぶき)の二種に分類される。

本瓦葺きは、曲面の瓦を凹凸交互に重ねる葺きかた。

本瓦葺き.jpg


朝鮮半島から伝わり主に寺院の屋根に多く見られる。

神社は桧皮葺(ひわだぶき…桧の皮葺き)から、この本瓦葺にかわっていったとか。


桟瓦葺きは瓦師西村半兵衛という人物が考案。
時代は江戸。
特徴は軽くて安い。

桟瓦葺き.jpg


桟瓦が出来たことにより、本瓦と別けられるようになったといいます。


一般の和風住宅では桟瓦葺きが多いのは位の高さを示しているのかもしれません。

本瓦と桟瓦.JPG


また、一文字瓦なども美的要素が含まれたスタイルの瓦です。

一文字瓦.jpg

スポンサーリンク

【関連する記事】
posted by moccu at 06:34 | Comment(0) | 屋根の葺き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。