2009年09月03日

照り屋根・むくり屋根

照り屋根(てりやね)=反り屋根とも言う。
弓状に流れの中央部分がたるんでいる屋根で、神社、寺、城郭などで使われる。

反り屋根.jpg


逆に中央部が膨らんだものは起り屋根(むくりやね)。

むくり屋根.gif


照り屋根とむくり屋根の違いは簡単に言うと凸凹。

互いに、ただ湾曲しているのではない。

視覚的な効果。

美的比率。

いずれにしても、屋根の勾配(こうばい)や反り、破風板などの各部分の比率を考慮しなければならない。

容易ではなく職人芸の一つというか、瓦屋、大工の醍醐味ともいえる。


また、むくり屋根は、雨水を効率よく流す効果もある。


スポンサーリンク

【関連する記事】
posted by moccu at 09:01 | Comment(0) | 屋根形状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。