2012年03月31日

水屋(みずや)

水屋(みずや)
一般の家庭でいうなればキッチン台所。

茶室の台所が水屋。

設ける位置は、当然、手前の準備がスムーズに行く。

また、風通し、乾燥、明るさなど、基本は今の住宅と変わらない。

しかし、水屋には大きな意味をなす要素がある。

物と人。

道具場とそれに携わる人の心といったところか・・・

茶事の道場とも言われる。

利休が今の原型を作ったとされる。

通し棚が二段、二重吊り棚、三方腰壁は板張り。
ここに、茶筅や茶巾をかける。

柱においては、竹釘で手拭きをかける。

流派によって異なるが基本的なものは、この形。

道場、心構えなどから、水屋の清潔さ、整理整頓といったものが、亭主の格付けとなす。

利休式水屋.jpg


甘く考えると恥をかきそうだ。
寸法、高さなど詳細は、和風において決まりごとが多い。
茶室となると尚更ですね。
posted by moccu at 08:59| Comment(0) | 復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。