2012年07月30日

茶室の風炉先窓(ふろさきまど)

風炉先窓(ふろさきまど)

点前座の向こう(風炉先)の壁面に設けた窓。
点前座の採光、炉先の換気も兼ねている。

風炉先窓1.jpg


小間と広間では少々位置が異なる。

小間では畳から6〜7寸の高さ、内法1.5尺に下地窓を開け、内側の障子を半開きになるように設ける。

広間で、風炉先屏風を使うときは2尺程度の高さに窓を設ける。
外部は力竹と呼ばれる添え材を使う。

力竹.jpg


風炉先とは
点前のときに道具を置く道具畳の向こうに立てる二枚折りの屏風。

風炉先.jpg


風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)は広間の点前のときに道具畳の向こう側に立てる二枚折りの屏風。

風炉先屏風1j.jpeg
posted by moccu at 06:11| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。