2012年09月29日

飛石(とびいし)

飛石(とびいし) とは、露地の渡り石。
伝石、踏石などとも言われる。
真、行、草の構えがあり、真、行、は書院、草は草庵茶室に使用される。
利休、織部、それぞれの言い伝えがある。

飛び石.jpg


配置の仕方は数多く存在。

直打ち
石を真っ直ぐに打った飛石である

大曲
言われのとおおりアール調にならべる。。

二連打二連
二つの真っ直ぐ打った石を左右に振り分けたりする飛石で、変化に富み、景としても、

また歩いてみても非常におもしろい打ち方である。
現代ではアプローチ的な要素を含むが露地的にはそう捉えてしまわないほうが良い。

他にも、四連、千鳥、履行、短冊、豆撒きなどがある。

スポンサーリンク

posted by moccu at 06:24 | Comment(0) | 復習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。