2012年12月31日

真・行・草の座敷

真の座敷と行の座敷、また草の座敷を区別、分類する事は困難です。

一般的な考えでは、真の座敷は、意匠など見た目を格式高く魅せた書院風造の座敷と捉える。

四畳半に、本勝手、面取り角材、長押、付け書院、本床、飾り棚でまとった座敷。
他と比べて飾る要素が多い。

反対に行の座敷は、真の持つ格式を落とした造り。

長押を付けなかったり、これという特徴は無いが、広間に取り入れられる座敷形体である。
長押を付けたとしても丸太長押。
丸太長押.jpg


そして、草の座敷は、格式などに捉われない自然重視な空間。
利休が愛した、また好んだ草庵の意が込められていると考える。

柱は丸太、長押は無し、土壁、竹などを使った竿縁天井。
自然を意識した、さり気無い意匠。

天井形式も斜めの天井、段差のある天井が目立つ。
床框や床柱などに使用する材料は全て自然の美。
曲がっていても構わない。

これらの座敷を定義付けるものは無く、また真の真、真の行、真の草など細かく分割される。


スポンサーリンク

posted by moccu at 07:31 | Comment(0) | 再々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。