2013年03月29日

吉野棚(よしのだな)

吉野棚(よしのだな)
棚の詳細は、面皮付吉野丸太を柱としれ四本。

客側には、円形の窓。
勝手付障子(夏場は葦戸を使用)。
木地は春慶塗。
サイズは、一尺五寸五部の高さ。
比較的小さい造り。

よしのだな.jpg


裏千家円能斎の好んだスタイル。
棚の由来は、吉野太夫の吉野窓がとりいれられたことから。

※裏千家13代目鉄中宗室 円能斎 1872年-1924年8月5日

※二代目吉野太夫(にだいめよしのたゆう、本名:松田徳子、慶長11年3月3日(1606年4月10日) - 寛永20年8月25日(1643年10月7日)) は六条三筋町(後に嶋原に移転)の太夫。生まれは京都の方広寺近くと伝えられる。実父はもと西国の武士であったとも。

※しゅんけいぬり【春慶塗】岐阜県高山市まどで生産される漆器
漆塗りの技法の一。木地を黄または赤に着色し、透漆(すきうるし)を上塗りして木目が見えるように仕上げたもの。
posted by moccu at 07:17| Comment(0) | 再々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。