2009年06月29日

床脇の金物

稲妻釘(銅鑼釘・喚鐘釘)。床脇の天井に使用。
主に銅鑼や喚鐘を釣るための釘。銅鑼は前から奥へ掛けるので
稲妻釘は床脇天井の真中に口を前にして打つ。

稲妻釘.jpg

撞木釘 (しゅもくくぎ)=樟木釘
床脇の柱に喚鐘を打つ撞木を釣る、もしくは撞木を掛けるための折釘。
一本または二本打つケースは流派による。

syumokukugi01.jpg
posted by moccu at 08:56| Comment(0) | 茶室金物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

ひるくぎ

ひるくぎ=蛭釘=蛭鈎=蛭鐶=蛭釻。

釜や花などを吊る金物。

蛭釘.jpg


この釘の名は、読んでもおわかりの通り蛭に似た形から由来。

使う場所は、炉の上(天井)釜を吊る。

花入れなどは、床の天井に。

床に使用する金物には、まだまだ細かく分類されている。

posted by moccu at 15:13| Comment(0) | 茶室金物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

花釘

花入釘=はにれくぎ。

花いれ釘2.jpg


床柱や壁の真ん中。

以前は落とし掛けに花を掛ける釘。

花いれ1.jpg


この釘と花は茶人により高さや配置する場所が異なる。

利休の場合は、云々。

他には・・・

それぞれの茶のスタイルで飾るためのもの。

決まりごとは無い。

しかし、千利休のスタイルは、相変わらず変わりない。

また、座敷の大きさ、バランスにて異なるようだ。

posted by moccu at 06:26| Comment(0) | 茶室金物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする