2013年03月27日

葭棚(よしだな)

葭棚(よしだな)

葭棚.jpg

台目棚とも言われ利休に好まれた。
杉生地、赤松を台目柱に使用。

そこに葭を張り詰め煤竹(すすだけ)でおさえる。
隅に棚を白竹で釣っている。

広間など台目構えに用いられる。

※煤竹(すすだけ)
古い藁葺き屋根民家の屋根裏や天井からとれる竹
煤竹.jpg
posted by moccu at 07:19| Comment(0) | 茶室の棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

四方棚

よほうだな=四方棚。

利休が好んだ棚で形はいたってシンプル。

四方棚.jpg


天板、地板、二本の柱からなる。

材は桐。

利休の四方棚は角ばったもの。

江岑宗佐も好んだ、この棚は少々違い丸みを帯びている。

江ュ宗左(こうしんそうさ)は表千家四代 (1613年-1672年10月27日)
千宗旦(せんのそうたん)の三男
posted by moccu at 07:39| Comment(0) | 茶室の棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

水指棚

みずさしだな=水指棚。

点前時に水指を置く為の棚であるが、二重棚の形式である。

地板に水指を置き、中段に薄茶器。

上段に柄杓、蓋置を飾る。

水指棚1.jpg


柄杓=ひしゃく (湯や水などをくむ道具 )

蓋置=ふたおき
(茶の湯の点前(てまえ)で、釜の蓋や柄杓(ひしゃく)を置く道具)

紹鴎好写や遠州が好んだ二重棚。
posted by moccu at 05:34| Comment(0) | 茶室の棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。