2009年09月20日

襖壁

襖壁(ふすまかべ)

茶室では、襖としての機能だけでなく、間仕切り壁として施される。

太鼓張りで柱間を縁をつけずに嵌め込んだもの。

たいこばり【太鼓張り】とは、

戸や間仕切りで、骨組みの両面に紙や板を張って中を空洞としたもの。


お借りした画像には、市松模様の襖と襖壁の両者が使われている↓

襖壁.jpg


市松模様(いちまつもよう)とは、格子模様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配した模様である。
posted by moccu at 05:52| Comment(0) | 壁、仕上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

腰張

腰張(こしばり)

はりつけかべ(張付壁)が進化したとされる。

しかし、目的はあくまでも守る意味。

壁や衣類を傷つけたり、汚したりしないように茶室の壁の腰に張る。

基本はとりのこがみ【鳥の子紙】や反古紙を使用。
鳥の子とは、雁皮(がんぴ)を主原料とした上質の和紙。鶏卵の色に似た淡黄色で、強く耐久性があり、墨の映りもよい。福井県・兵庫県産のものが有名で、越前鳥の子・播磨紙(はりまがみ)ともいわれる。

がんぴ【雁皮】とは
ジンチョウゲ科の落葉低木。暖地に多い。高さ約1.5メートル。葉は卵形。夏、筒形の薄黄色の小花が集まって咲く。
樹皮の繊維は紙の原料となる。


紙の高さは、約九寸(27センチ)重ねは3分(9ミリ)。

これを、一枚半張りや二枚張りにする。


小間になるほど高く、また二枚張りの場合は、千鳥に張る。


腰張り1一枚.JPG

腰張り2一枚半.JPG


点前座周りは、白。

客座は、紺色の紙を張る。
一般的には、みなとがみ【湊紙】を使用。
みなとがみ【湊紙】とは、 《もと和泉(いずみ)国湊村で作られたところから》壁やふすまの腰張りなどに用いる粗製の鳥の子紙。

腰張り3.JPG
posted by moccu at 03:40| Comment(0) | 壁、仕上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

張付壁

張付壁(はりつけかべ)

土壁以前の技法で、壁を紙で張り四分一と言われる材を黒塗りにして、押さえる。

四分一とは、壁などの入り隅に取り付ける細長い木。


一寸角の四分の一サイズ。


貼り付け壁1.jpg


壁画が描かれているのは、書院造り。
何も描かれていないものは、茶室。
この違いが、茶室の持つ要素でもある。

土壁が主流になると、腰だけ紙を張る形式に変化。
紙の張り方にも、詳細がある(また後に)。

腰張りの張付け壁.jpg


他の茶室を見ても腰、低い位置に張られた紙を目にする事は多い。
posted by moccu at 06:21| Comment(0) | 壁、仕上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。