2009年10月20日

竿縁天井

竿縁天井(さおぶちてんじょう)

竿縁(棹縁)と呼ばれる細い角材を一定間隔(1尺から1尺六寸五分)を等間隔に並べ、その上に天井板を張ったもの。

竿縁天井.jpg


竿縁となる材料は、小丸太、竹なども用いられる。

また吹寄せに竿縁を配置するケースもある。

基本は、天井板に直行、直角に取り付けるが、平行にする場合もある。

天井の軽量化も目論んだ天井形式の一つ。


吹寄せとは、桟などで、2本あるいは数本の間隔を狭め、他のものとの間はやや大きく開けて並べる形。

吹寄せは、障子などにも見られる

吹寄せ障子.jpg
posted by moccu at 04:24| Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

長片板天井

長片板天井(のねいたてんじょう)=野根板=野根

野根板を張った天井。

野根板 (のねいた)とは、木材を薄く剥い長板で椹(さわら)、鼠子(ねずこ)、杉などを使用。

別名(長ヘギ板)ともいう。

竹垂木、更にその間に女竹を入れたりするケースや、網代(あじろ)組や幅を変えて乱張り、屑(くず)張りなどする。


野根天井.jpg
posted by moccu at 09:49| Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

屋形天井

屋形天井(やかたてんじょう)

舟底天井(ふなぞこてんじょう)

船の底を逆さま(逆V字)にしたように魅せる天井。

この天井の形式は、空間を広く魅せる効果がる。

屋形天井と舟底天井 は同じ扱いをされている。

しかし、詳細は勾配の違いに有り。

舟底と屋形では、屋形の方が勾配をきつく施される。

他にも、棟木、垂木など構造部を見せたり、見せなかったり。

更には化粧材料を用いて造るケースも有る。

舟底天井2.JPG


一般的な舟底天井は上記のケース。

舟底天井1.jpg


こちらは、化粧をメインとしたケース。

世界の建築の歴史や文化は、このような遡った時代の建築様式の融合からなる。

歴史、文化そこに進化、これらを上手く取り入れて成り立っていると私の考える。

posted by moccu at 05:23| Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。