2009年10月09日

砂摺天井

砂摺天井(すなずりてんじょう)

砂で磨いた板を天板に使ったもの。

研磨する事で、木目をより滑らかに、美しく魅せる。

木の例では、杉の焼き板などを砂摺りにする。

砂摺天井1.jpg

砂摺天井2.jpg

砂摺天井3.jpg


スポンサーリンク

posted by moccu at 09:06 | Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

張違天井

張違天井(はりちがいてんじょう)

欅(けやき)

栃(とち)

栃の木.jpg


楠(くす)

楠.jpg


桑(くわ)

桑.jpg


その他、綺麗な木目の出る材料を板状にし、市松張りにした天井。

格天井の格縁(ごうぶち)を取り去った形感じ。

格間に上記のような板を市松に張ってゆく。

欅の張り違い天井の例 

欅の市松張り違い天井.jpg

スポンサーリンク

posted by moccu at 05:34 | Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

格天井

格天井(ごうてんじょう)

私たちが、一般和風住宅で見かける縦横に格子状に組んだ天上。
非常に高級感が有る。

見た目は、組入れ天上と類似する。

しかし、大きな違いは、使用材料。

構造材からなる組み入れ天井に対して格天井は、そのもの自体が化粧として吊り下げられている。

格天井.jpg


格式高い順に言えば「真」・「行」・「草」の3つにわけられる内の「真」のあたる。

有名な例は、二条城二の丸御殿や日光東照宮外陣。

室町や織田信長の例もあるが、現存する二条城二の丸御殿は、徳川家康が京に滞在中の宿所として造った城。

二条城二の丸御殿格天井.jpg


この時代背景からも、組み入れ天上と格天井の違いがわかる。

スポンサーリンク

posted by moccu at 09:25 | Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする