2009年09月28日

組入天井

組入天井(くみいれてんじょう)=組天井=組入。

格縁を格子形に組んだ天井。

組み入れ天井.jpg


6〜8センチ角くらいの木材を10〜20センチ間隔に組み、その間に裏板を張った天井。

古くは平安時代まで遡る。
平安時代では、この天井が主流であったとされる。

現存最古の法隆寺金堂を見ると、梁・桁の間に木材を格子状に組んだ天井を造っている。
これも組入の天井。

posted by moccu at 08:28| Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

一崩しの天井

一崩しの天井(いちくずしのてんじょう)

板天井の一種。

格天井ではあるが、少し詳細は違う。

今日庵の咄々斎(とつとつさい)に使われている天井の名称。

八畳間の天井を北山小丸太の格縁で仕切り、その中に二枚の長板を組み違いに張ったもの。

長板は五葉松の古材を長板の寸法に切って加工。

板天井は様々な形があるが、一崩しの天井は意味あいが深い。

咄々斎(とつとつさい)とは、天保10年(1839)、利休250年忌を営むに際し、玄々斎が造営していた「稽古の間」を安政3年(1856)、宗旦200年忌を営むために、改修して咄々斎と改めた。

咄々斎は八畳の席で、宗旦の号をとって咄々斎と命名された。

posted by moccu at 09:51| Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

下り天井

下り天井(落天井=おちてんじょう)

一般的には、段差のついた天井。

しかし、茶室では、それなりの意味をなす。

茶室で、亭主の座る点前畳(てまえだたみ)の天井を、他の天井面よりも一段低く作ったもの。客に対する亭主の謙譲の気持ちを表す。

落天井.jpg


あくまでも、持成す意味で謙虚さを重んじる。

小間では、このような形式の天井を点前に使用。

広間では、書院、床脇などに用いる。

材や詳細は、それぞれの思いで異なる。

しかし、あくまでも、謙虚さが茶室の持つ真髄と言えるかもしれない。
posted by moccu at 06:20| Comment(0) | 天井 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。