2009年11月05日

楊子柱

楊子柱(ようじばしら)

筆先柱=塗込み柱=筆軸柱=塗立柱ときに柳柱ともいう。

一般的には、隅柱の上から約1.5尺程度の長さを残し下部は塗り壁。

天井高さにより異なるが、柱の1/4程度の長さが妥当。

楊子柱.JPG




※柳釘を打つ場合は、5.4尺程のところに打つ。
この高さも天井の高さにより多少変わってくる。
posted by moccu at 08:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

方立

方立(ほうだて)=帆立。

窓や出入り口脇に立てる小柱で広範囲で使われる。

茶道口.jpg


磨き丸太の半割り(太鼓落とし)や竹などの例もある。

茶室などでは、床にも使われる。

例としては洞床の一種である龕破床(がんわりどこ)など。

龕破床1.JPG


龕破床は、洞床の両袖を配した床。

龕破床2.jpg


基本は柱と同材を使用。


太鼓落とし
たいこおとし
丸太の両側の面を挽き落として、断面を太鼓の形にすること。

太鼓落とし.gif
posted by moccu at 05:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

宝珠柱

宝珠柱(ほうじゅばしら)

宝珠柱1.JPG


勾欄(こうらん)の柱で、頭に擬宝珠を取り付けたもの。

勾欄(こうらん)
橋・回廊・廊下などにつけた欄干(らんかん)

※欄干(らんかん)
廊下や橋などの側辺に、縦横に材木を渡して人の落ちるのを防ぎまた装飾としたもの。

※宝珠とは、宝珠は釈迦の骨壺(舎利壺)の形とも、龍神の頭の中から出てきたという珠のこととも言われ、地蔵菩薩などの仏像が手のひらに乗せているものである。

この宝珠を模した形から模擬の宝珠という意味で擬宝珠とつけられたというもの。


※擬宝珠(ぎぼうしゅ)
丸くて先のとがったネギの花の形をした飾り。(ぎぼうし、ぎぼうしゅ)。

置き床の床柱にも使われる。




posted by moccu at 07:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。