2009年11月19日

風炉先窓

風炉先窓(ふろさきまど)

点前座の向こう(風炉先)の壁面に設けた窓。
点前座の採光、炉先の換気も兼ねている。

風炉先窓1.jpg


小間と広間では少々位置が異なる。

小間では畳から6〜7寸の高さ、内法1.5尺に下地窓を開け、内側の障子を半開きになるように設ける。

広間で、風炉先屏風を使うときは2尺程度の高さに窓を設ける。
外部は力竹と呼ばれる添え材を使う。

力竹.jpg


風炉先とは
点前のときに道具を置く道具畳の向こうに立てる二枚折りの屏風。

風炉先.jpg


風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)は広間の点前のときに道具畳の向こう側に立てる二枚折りの屏風。

風炉先屏風1j.jpeg
posted by moccu at 05:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

突上窓

突上窓(つきあげまど)
茶室の掛込天井に設ける天窓。

化粧屋根裏の、垂木間1こま分を開けて、木枠を組み込み、上部擦り上げの油障子を入れ、外に屋根地を葺いた覆戸を取り付け。

突き上げ窓2.JPG


開閉には、障子を屋根裏の中へすり上げ、覆戸を突き上げ、突上竿(つきあげさお)で固定。

突き上げ窓1.JPG


突上竿(鴨のはし)は長いものと短いものを使い分ける。
これにより、採光や換気といった機能性も備えている。

天窓であるから、空を見上げる事も当然、可能で観賞用の窓せもある。

因みに表千家(残月亭)の名は、この窓から月を見たことから由来するという。

日本の古人の考えたニクイくらいの演出、機能には頭が下がります。

油障子とは?

雨などを防ぐため油紙を張った障子。
雨障子 (あましょうじ) 。
雨のかかるところに油をひいた紙を用いた障子のことです。

今で言うところの防水加工といったところでしょうか?
posted by moccu at 06:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

角柄窓

角柄窓(つのがらまど)

茶室などに使われ、枠を角柄付きにした窓。

角柄とは枠の隅で、縦あるいは横枠が枠から外に突き出ている組み方。

角柄窓.jpg


近年の住宅で、大壁の和室などに多く見られる。
posted by moccu at 04:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。