2009年12月16日

揚げ簀戸

蔀(しとみ) とは
蔀1.jpg


格子を細かく組み、間に板をはさんだ戸。
日光・風雨をさえぎるための機能的な戸。
水平にはね上げて開き、L 字形の釣り金物で固定する。

半蔀(はじとみ).JPG




二枚に、折れるものは、半蔀(はじとみ)という。
二枚に分けた上部を開閉式にして、下部を立て込む。

半蔀1.jpg

茶室においては、『揚げ簀戸』を半蔀(はじとみ)ともいう。

スポンサーリンク

posted by moccu at 05:22 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

簀戸

簀戸(すど)

割竹を使い、菱や格子に組んだもの。
また、細い竹を格子や四つ目に組んだもの。
更には、小さな丸竹を間隔無く張り詰めたもの。

これらを簀戸と言い木戸の一種である。

簀戸1.jpg


茶庭では露地門の一形式として使われ優雅な様をかもし出す。

スポンサーリンク

posted by moccu at 07:18 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

網代戸

網代戸(あじろど)

木(扮木)や竹、葭を網代形に編んで作った戸。

網代戸1.jpg


茶室においては水屋の戸などに使われる。
また開き戸にいおても用いられるケースがある。

スポンサーリンク

posted by moccu at 05:23 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする