2010年05月11日

富士形手水鉢

富士形手水鉢(ふじがたちょうずばち)

自然石が富士山の形のものを選び天辺に水穴を開けたもの。

富士形手水鉢1.jpg
posted by moccu at 04:03| Comment(0) | 灯具・手水鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

棗形手水鉢

棗形手水鉢(なつめがたちょうずばち)

形がナツメの果実に似ている石造の手水鉢。

棗1.jpg


また薄茶器の棗形に似たもの。

円形の水穴を開ける。

棗形手水鉢1.JPG
posted by moccu at 05:30| Comment(0) | 灯具・手水鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

鉄鉢形手水鉢

鉄鉢形手水鉢(てっぱつがたちょうずばち)
禅僧が施食を受ける鉢に似せたもの。
食べ物を盛る鉢。
無地、地紋、文字などが刻まれたりする。

鉄鉢形手水鉢1.jpg



※僧侶(そうりょ)
出家して仏道を修行する人。また、その集団。僧徒。

いろんなところを参考にさせて頂きましたが難しいですね。
未熟というか簡単に語れないところが和の歴史です。

※施餓鬼とは正に字面の如く「餓鬼に施す」という意味である。「餓鬼」とは六道(天上道、修羅道、人間道、畜生道、餓鬼道、地獄道)のうち、餓鬼道に落ちて苦しんでいる亡者のこと。

餓鬼が口にしようとするものは忽ち炎と化し、何一つ食べることが出来ず飢えの苦しみには際限がない。

自分の力ではこの苦しみから脱することが出来ない餓鬼に、食べ物を施そうというのが「施餓鬼供養」である。

禅宗とは…
禅宗は、お釈迦様から28代目の祖師であります菩提達磨大師が、六世紀にお釈迦様の正法を印度から中国に伝えられ、嵩山少林寺で面壁九年の坐禅修行され「不立文字、教外別伝、直指人心、見性成仏」の宗旨を標榜され始められた宗派であります。

また、達磨大師より六代目の祖師慧能大鑑禅師により南宋禅を唱え大いに宗風を広げられました。

更に慧能大鑑禅師のもとに南嶽懐譲禅師と青原行思の二大禅匠が現れ、数代経るうちに雲門宗、い仰宗、法眼宗、曹洞宗、臨済宗の五つの宗派に分かれました。

また、臨済宗が楊岐派と黄竜派の二派に分かれ、総称して五家七宗と呼ばれています。
posted by moccu at 06:36| Comment(0) | 灯具・手水鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。