2010年05月05日

銀閣寺形手水鉢

銀閣寺形手水鉢(ぎんかくじちょうずばち)

銀閣寺形手水鉢1jpg.jpg


袈裟形手水鉢の一種とされる。
その名の由来は、銀閣寺脇に有る事から。
全てに異なった顔を持つ格子が刻まれ水穴は足利義政が好んだとされる。
現存しない手水鉢。

キューブ・・・今流行りの形、でもこの時代でも斬新だったことが伺える。

何にせよ、時代は巡り行くことには変わらない。

※足利 義政(あしかが よしまさ)は、室町時代中期から戦国時代初期にかけての室町幕府第8代将軍(在職:1449年- 1473 年)。父は6代将軍の足利義教。早世した7代将軍、足利義勝の同母弟にあたる。
posted by moccu at 06:13| Comment(0) | 灯具・手水鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

橋杭形手水鉢

橋杭形手水鉢(はしぐいがたちょうずばち)

橋などの脚部に利用する石柱に見立てた手水鉢。
形は円筒。

側面には貫を通しす為に似せた穴を掘ったもの。

橋杭形手水鉢1.jpg


posted by moccu at 04:12| Comment(0) | 灯具・手水鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

一文字形手水鉢

一文字形手水鉢(いちもんじがたちょうずばち)

いちもんじがたちょうずばち.jpg


細長い自然石の上を平らにして、長い水を入れる穴を掘ったもの。

現存する有名な物では青蓮院書院縁先。
posted by moccu at 04:26| Comment(0) | 灯具・手水鉢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。